【ゲームアプリレビュー】第8回目 タウンシップ(Township)

ゲーム

ほっほっほ、ねこ老師です。

ゲームアプリレビュー、第8回目はタウンシップ(Township)です。

第4回目で紹介したホームスケイプと同じPlayrixが販売元のゲームです。

果たしてゲーム内容は広告と同じなのか…?!

ゲーム内容

ロード画面です。

内容は「作物を育てて、人とお金を集めて、街を発展させる」ゲームです。

シムシティなどの経営シミュレーションゲームですね。

彼の名前はアーニー。レベル99のツワモノ。

基本的にやることは、

  • 農作物を育てる。
  • 畜産をする。
  • 加工品を作る。
  • 街の人に商品を届ける。
  • 住居や工場、公共施設を建てる。

といったかんじになります。

生産や建築には待ち時間の要素があり、高いレベルが必要なものほど時間がかかるようになっています。

また公共施設の建築には専用の資材が必要になります。

こちらは列車を使って物々交換をすることで手に入れます。

ただしもらえるアイテムはランダムです。

ロードだと自分でアイテムを納品します。助けをよべるのは1両分のみ!

ほかにもミニゲーム的なものもあります。

飛行機を飛ばすゲーム。道中アイテムを拾える。

この飛行機ゲームはランキング要素があり、上位にランクインすることで建築資材がもらえます。

もちろん街の編集もできます。

建物の移動、地面や道路の変更ができます。水の都とかもできます。

自分だけのオリジナルタウンを作りましょう! といった感じです。

感想

残念ながら、また広告詐欺と言わざるを得ません。

なぜ、Playrixは推理ゲーム風の広告ばかり作って、肝心のゲームは作らないのでしょうか。

囚人が刑務官に追われるゲーム風広告。

もしかしたら、まだ遊んでいないゲームにはあるのかもしれませんが、せめてそのゲームに合った広告を出してもらいたいものです。

内容としては標準的なシミュレーションゲームと言えます。

友だちと助け合いながら街を作っていけるのも楽しみの一つと言えるでしょう。

要所要所でのプレイ時間は短いですが、待ち時間はかなりの長さになります。

効率はあまり気にせず、他のことをしながらちょろっとプレイというスタイルがよさそうです。

ちなみに広告はほぼゼロです。快適にプレイできます。

面白さ:☆☆☆☆☆
手軽さ:☆☆☆☆
快適さ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ MAX
プレイ時間:6時間(2日)

それでは、ごきげんよう。ほっほっほ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました